空白の81日間について

どうも、ビジブロのイデです。

この81日間はとても忙しい日々でした。

考えることも色々あり、学びも多かったです。

 

まずは、現在の状況を・・・

先月末で、大分県の施設の立ち上げは終わり、現在は福岡の元のコンサル会社で勤務しております。

 

1月の出来事の抜粋。

2月に私が運営していた介護施設に監査が入る通知が来る。

日々監査の準備に追われるようになる。

そもそも、介護施設の運営で出向しておりましたが、運営するためのマニュアルやフォーマットは何もなく、就業規則があるのみでした。

その為、監査前に運営に必要なフォーマットを確認しながら全て作り直し、新しい書式に転記をし直すなどの作業を行いました。

 

以前の記事で少し触れましたが、11月ごろ既存施設の管理者は、私と同じ施設長というポジションでしたが、その方が昇進し部長となりました。

この方は問題が多く、

自分のミスさえも私のせいにする。(責任転嫁)

確認を行い了承を経て行ったことを、そんな話は聞いていないとハシゴは外す。

他の職員の前で私を罵声する。(パワハラ・つるし上げ)

部長のポジションなのに管理職業務は、何もせず自身は介護職員の仕事をする。(職務放棄)

全て、副社長や本部長に報告しておりましたが、そういう人だとは知っている。

だからこそ、うまくコントロールして下さいと言われる・・・。

 

年上女性の上司をコントロールする難しさ・・・

自分の強さを主張するためか、他の職員の前で私を罵声する。(パワハラ・つるし上げ)が幾度となくあったため、中間管理職として必要な職員マネジメントができなくなりさらに施設の人間関係の状況が悪化する。

 

部長からのパワハラやハシゴ外し、主任からの突き上げとまあ、中間管理職にはよくあるのでしょうが・・・

部長クラスは、誰もがこういう経験をして、胃に穴をあけながら・血を流しながら負けずに耐えてきた者が、次の部長クラスになると思い、ここで脱落したものは、一生平社員だと言い聞かせ、

さらに、入社したばかりの私を、親会社で一番大きな事業所の管理者を任せてくれた、副社長からの私への期待はとても大きかったため、頑張りましたが3カ月くらいが限界でした(笑)

 

自分でわかるほど、顔色や表情はみるみる悪くなりこんなレベルの低いやつとはこれ以上働きたくないと思い、副社長に相談し、監査が終わって落ち着いたら施設長のポジションを降ろしてもらうよう相談したのが、2月の頭の話です。

 

その頃には、どんなに頑張ってもなるようにしかならないんだなと分かりました。

 

こんな流れで監査が終わり、出向終了となりました。

 

この会社で、弱音を吐いたことで大きく出世から遠回りしましたけど、これも人生です。

 でも、私のコンサル会社の上司から言われた言葉があります。

「気負いせずにがんばれ」と。

気負いしない。

聞きなれない言葉です。

 

 

ikoma-tsubasa8.hatenablog.com

 

出向終了前に分かった、

どんなに頑張ってもなるようにしかならないんだなという事は、この事だったんですね。

上の記事から抜粋ですが、

未来がどうなるかなんて、実際に未来になってみない限り、誰にも予想出来ないからです。

 

人の問題なんて、自分のコントロール外の事なんですよね。

そもそも、コントロールしようとすること自体が間違っている。

本部は、部長をコントロールしてくれと言われましたが(笑)

 

そこに、エネルギーをかけること自体間違っていたんですね。

結局、頑張る気持ちがあっても、人は変わらない。変えられない。

変えられるのは自分のみ。

人は信用できない。

これが、中間管理職として胃に穴を空けながら学んだことです。

 

一番精神的にキツイ時に、大切な友達が言ってました。

そんなに、頑張らなくてもいいんじゃない?と

その時の私は、ここで挫折したら一生平社員だ。

胃に穴を空けてでもやるしかない。これしか道はないと返しました。

 

あの時の精神状態は、極限だったと思います。

 

話を聞いてくれた友達に感謝です。

 

これからは、遠回りをしましたが、コンサルタントとして一人前になれるように私自身のスキルを高め気負いせずに頑張ります。

 

中間管理職は、みんな同じような経験をするのでしょうね・・・

そして、誰もが同じような思考をたどり、部長クラスとなっていくのでしょうか。